FC2ブログ

chi-ko's diary ii

BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 実家、最後の日。BLOGTOP » diary » TITLE … 実家、最後の日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家、最後の日。

実家に着いたお昼過ぎ、まだ作業は終わっておらず、夕方までかかってしまいました。

20180526-01.jpg  20180526-02.jpg

家具や荷物を片付け、ガラーンとした2階の洋室。
大好きだった吹き抜けの玄関上。

20180526-03.jpg

かつて、1年間だけ暮らした和室。

20180526-04.jpg  20180526-05.jpg  20180526-06.jpg

1階ダイニング・リビング・キッチン。

20180526-07.jpg  20180526-08.jpg

1階の大きな和室。

20180526-09.jpg

吹き抜けになっている明るい玄関。

他にも、預かっている荷物を置いてある部屋が2階に2部屋あります。
私にとっては大きな大きな家でした。
ひと部屋ひと部屋が大きい5LDK。


忘れていた写真。
古~い(笑)懐かしい写真を取っておいてくれました。
荷物を整理する時間が全然足りなくて、助かりました。

20180526-12.jpg  20180526-13.jpg

娘の七五三の時の写真です。
今じゃ、3人のママ。(笑)

そういえば3歳の時、乃木神社に行ったのですが、祈祷の順番が前だった親子。
書かれていた名前を見たら、娘と生年月日が全く一緒の女の子。
名前は、「ひかるちゃん」
同じ生年月日で、〇〇るなんだね~と言っていました。
写真館で写真を撮っていたところを見た実父が、「お母さんは、藤圭子さんだよ!」と言いました。
そうなんです。
宇多田ヒカルちゃんでした。
まさか、有名アーティストになるなんてね。
そんな事も思い出したりして・・・。



20180526-10.jpg  20180526-11.jpg

32年前、お庭のある大きな家を建ててくれたお父さん。
10年間しか自分が建てた家に住めなかったお父さん。
今までお母さんひとりで頑張ってきてくれたけど、限界のようです。
結局、一代で人手に渡すことになってしまいました。
ごめんね。。。
本来なら、もっともっと住めたはずなのに。
私も、『実家』と呼べる場所がなくなってしまった。
この家で生まれ育ったわけではないけれど、やっぱり、寂しい。


この家を買ってくれた方から、
「この家、大事に大事に、守っていきますから!」 そんな嬉しい言葉をいただきました。
君津の山の方に眠る父のお墓参りに行った時、たまには近くを通ってみようかな。


そうだ。
チーコとしては、これを言わなきゃ。

この家を買ってくれた方ね、 『中村さん』!! (注意:NSPの中村くんではありません)
嘘のような本当の話です。

ちゃんちゃん!

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。